++Diαry++

本とアニメを愛する九州の大学生のブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

目標

昔の日記を読み返した。

死にたくなった。

私は今、時間的に余裕のある時期にある。
公務員試験が(終わってはいないが)一段落して、講義も一つも取っていない。
バイトも殆どしていない。
しかし、その時間的余裕を全く活用できず寝てばかりいるのが現状。

こうして文章を書いているのも完全な気紛れではあるけれど、
この機会に自分の理想と目標と実践課題を定立してみたいと思う。

【理想】
人生の目標。
・幸せな家庭を持つ
・勤務自治体のために大きな貢献をする
・趣味に没頭する

【目標】
来年の3月(大学卒業)までの目標
1.恋人を作る
2.基礎的な勉強をする
3.今ある趣味を深める

【実践課題】
目標達成のためにやるべきこと
1.勤務先が近い女の子と仲良くなる
2.一般教養(哲学、地理、歴史、社会、自然科学)と実践教養(法律、英語、簿記、ICT、ビジネス)の勉強
2.多く本を読む
3.定番の、或いは好きなタイプの漫画、アニメを漁る
→手段としてのアルバイト(付き合い、本、趣味のための資金)

スポンサーサイト

PageTop

無知の知

読書は好きだが、高校生時代はあまりやってこなかった。

大学時代でいっぱい本を読みたい。

僕が本を読むのは、『よりよい人生のため』だ。

より多くの知識を持っていれば、日常における多くの出来事が、『心に響く』

心に響く、というのは知識や経験による、心の動きの(人と人と間にある)相対性のこと。

つまりわかりやすく言うと、『iPS細胞』というワードを聞いた時に、
生化学(でいいのかな?素人だから違うかも)の知識を持ったAさんと、
(僕みたいな)素人であるBさんとでは、
そのワードの背景・周辺に浮かんでくる知識や経験の厚みが違う。ということ。

ある特定のワードを聞いたときの『心の鐘』の響きは人それぞれである、という比喩でした。

よりよい人生を作ることとは、日常における『心の響き』をより豊かなものにするということだと僕は考える。

だから本を読むし、いろんなことを経験したいと思う。

(ただ、決して『本の虫』にはなりたくない。体に染み込む『経験』は知識より自分に大きなプラスになる。)


読書によって知識を得ることの陥穽は、知に対して傲慢になってしまうことだと思う。

それは嫌だ。

この先何百冊の本を読み、経験し、歳をとっても自己の知識に対しては謙虚でありたいし、あるべきだ。

自分以外の誰もが自分の師匠になりうる、という考え方は、その点で好きだ。

無知の知という言葉がある。

運用が正しいかは分からないが、この世の事象を須らく頭にインプットすることはとても不可能だ。

知識に対して謙虚に。しかし貪欲に。

そしてできれば、『広く』より『深く』を意識したい。
自分は知的好奇心はそれなりになるので、この先読書していけば広さは意識しなくてもある程度身につくと思う。
むしろ難しいのが知識の深さだと思う。
概念を呑み込み、運用できるくらいの深い知識を得たい。

PageTop

初めまして

ブログを始めました。(正確にはリスタート)

梅田望夫『ウェブ進化論』を読んで、何となくやりたいなと思い始めます。

もしかしたら1ヶ月も続かないかもしれませんが。

簡単な自己紹介を。
・福岡生まれ、熊本育ち
・大学2年生(法学部)
・福岡で一人暮らし
・趣味は読書、ネット、ゲーム、漫画など。

このブログの内容としては
・大学生らしく『学び』について
・読んだ本の感想
・僕が日々考えていること

分野は真面目な内容から砕けた内容まで広くいきたいです。

更新頻度は低くなるかと思いますが、宜しく。

PageTop

音楽CD売上配分?

音楽CD売上配分
今日、こんな記事を見つけた。

音楽CDの売上配分(配分先/販売価格1000円の時の配分額/同配分率)
レコード会社 546 54.6
小売店 300 30
原盤製作者 90 9
作曲家 17 1.7
作詞家 17 1.7
音楽出版社 17 1.7
アーティスト 9 0.9
JASRAC手数料 4 0.4
合計 1000

こんな感じらしい。
いかにもセンセーショナルなグラフ。
だが、本当にこれは真実なのか?或いは、不当と言えるものなのか?
と思ったので、ちょっと(本当に軽く)調べてみた。

その前に、ここで問題になっているのはCDを「作る」過程に於ける売上の配分だと思うので、
小売店の利益を除外した原価で考える。
次に、「作曲家」「作詞家」「アーティスト(実演家)」
これらは全て創造主体としての性質を持つ。
グラフを見て真っ先にアーティストが目に付くが、作曲家と作詞家にも同じくらい割り当てられるだろうな~というのは自然な発想だ。なお、アーティストによっては作詞作曲を自らの手で行う。
(実際には作曲家:作詞家:アーティスト=2:2:1だが。)
よって、これら3つを「創造主体」と一括りにする。

音楽CDの売上配分(ろあ操作)
レコード会社 546 78
原盤製作者 90 12.8
創造主体 43 6.1
音楽出版社 17 2.4
JASRAC手数料 4 0.5
合計 700

では、売上の8割近くを持っていくレコード会社は一体何をしているのだろうか。
調べてみた。

音楽アーティストの権利
http://cozylaw.com/copy/wadai/music.htm


『歌をCDとして売り出すためにはレコードの原盤を制作しなければなりません。原盤を制作するにはスタジオの使用料などに多大な費用がかかるので、アーティスト自身ではなく、アーティストと専属実演家契約を結んでいるレコード会社や音楽出版社などが原盤制作を行い、原盤権を取得する場合がほとんどです。』

wikipedia -レコード会社
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E4%BC%9A%E7%A4%BE


音楽ソフトを消費者の手元に届けるまでには、作詞・作曲・録音(レコーディング)・製造(プレス)・流通の過程がある。レコード会社の中にはこれらを全て自社でまかなうものもあるが、その一部を大手に委託しているレコード会社も多い。レコード会社の最低限の要件は、録音・製造の資金を出すことである。

レコード会社は原盤の作成を行なっているようだ。
確かに、録音や製造には結構なコストが掛かりそうだ。
スタジオ、各種機材、原盤原価、加工費、データ焼き込み…
といったプロセスが想像できる。

なお、グラフには『原盤製作者』という項目が別にあるが、録音と製造を分けているのだろうか?などと想像してみる。
流通は、レコード会社の負担として想定されているのかな。

音楽アーティストの権利(同上)
作曲家や作詞家は芸術的な才能はあっても、歌を世に広め著作権を管理して利益を得るのは苦手です。著作権は、複製権、演奏権、公衆送信権、貸与権など、さまざまな権利を含んでいて管理をするのが大変なので、音楽出版社というプロに任せておく方が合理的です。著作者は歌の著作権を音楽出版社に譲渡する代わりに印税を受け取ります。

じゃあ音楽出版社は何をしているのか、というと、著作権の管理をしているようだ。
確かにアーティストが細かい法律のことを考えていてはとても曲なんて作ってられない。

これらを踏まえると、僕はそこまで不当な割合とは感じない。
レコード会社の諸コストを考えると、必要費用と言えるのではないか。
確かに、創造的活動よりも実体的なコストの方が重視されているような気はするが。

PageTop

酒の味

酒を飲み始めて、もうすぐ1年が経つ。
しかし未だに酒の味がわからない。
「三回吐いてから酒の味を語れ」というけど、僕はまだ一回しか吐いたことないです。
それに居酒屋とか行っても最初の一杯だけビール飲んで、あとはカクテルとかサワーとか甘いお酒しか飲まないので。
まあ、そりゃ吐かないし酒の味も分からないですよね。

たまに口を付ける程度に他のお酒も飲むんだけど、やっぱりダメ。
アルコール云々以前に、味覚だけで吐ける自信がある。
具体的には日本酒、焼酎、ウイスキー、ワイン...
とにかくカクテルやチューハイ以外のお酒はダメ。梅酒もそんなに好きじゃない。
お酒の酔えるところは好きなんだけど、なんであんなに不味いのだろうか…。
なんで我慢して飲まないと味が分からないような代物なのだるか…。

味がわからないといえば、ワサビの美味しさもわからない。
あんなのはただ舌が痛いだけじゃないか。
刺身につければ折角の刺身の味が殺される気しかしない。
コーヒーに関しても、コーヒー牛乳以上の濃さのコーヒーは苦くて飲めたもんじゃない。
どうしてあんなに苦いものを好き好んで飲めるのだろうか。
お茶にしても、麦茶以外は好んでは飲まない。

要するに、味覚が幼いのだろうか、僕は。
解消できる方法を募集中です。(やっぱり「修行」しかないんですかね?)

PageTop

改装した

これまでの日記を全て引っ込めて、新しい名前でブログを再開することにしました!

これからは「自分が伝えたい事を書く」というコンセプトでこのブログをやっていこうと思います。

更新頻度はあまり高くないと思いますが、見る人もいないので気にすることはないでしょうw


Twitterは、リアルとの繋がりが強固になりすぎた…

PageTop

夏合宿を振り返って

夏合宿に行ってきました。

0日目
部長宅で0次会。
あれはひどかった…
8人ほどいたけど、最終的に5人がリバースするという惨劇。
夏合宿前日にしてお酒の恐ろしさを再確認しました。
某M君は調子にのって飲んだ結果、朝になって救急車で運ばれてゆきました…

1日目
朝から救急車呼んだり、カオス状態の部長宅を軽く掃除したりしてからバスへ。
俺はそんなに飲んでなかったし、酒による酔いもなかったから大富豪とかしてたんだけど。
でもやっぱり寝不足&朝飯抜きだとバス酔いがきつかったな…
乗り物酔いの薬ってあんまり効かないから困る。

そして人里離れたキャンプ場に到着。
なにやら、廃校を改装した建物で寝泊まりするようだった。
そこで見たものは、ダイヤル式?の白黒テレビやら、虫だらけの廊下に机。
こんなところで3日間も過ごすのかと、陰鬱な気持ちに… なるわけではなかったが、でもやっぱりちゃんとしたホテルの方が良かったかもしれないと思った。
正直、自分の家以外の場所で寝るなんてどこでも大差ないと思っています。

1日目最初のミッションは「掃除」
先輩方がバルサンを炊いて、雑巾で廊下や部屋の中を掃除しまくった。
とりあえず、虫が多い。

そして活動方針立て。
これがまた大変だった。
部長の誘導があったものの、やっぱり難しい議題だった。

現状を調査し、未来を思い描き、そこに至りるための手段を模索する。
そしてその手段を部の活動方針とする…
これにはまた、ポイントがいくつかある。
まず、その方針が外部に影響をもたらすものではないといけない。
次に、部員全員が目指すべきものと成りうる目標でなければならない。
そして、達成できたかどうかを判断することができなければならない。
また、達成あっての目標であり、1年で達成不可能なことが明確な活動方針は無意味である。
個別的な問題まで具体化してはいけないが、抽象化しすぎるのもいけない。
他にも挙がっていた気がするけど、今パッと思いつくのはその程度。
これ、メモ書きね。

これを考える過程を通して思ったのが、最初こそ良かったものの、だんだんグループが形成されて、そのグループ内で勝手な議論が起こっていたこと。
全員が同じ目標に向かって考えるということができていなかった。
その為、議論が巻き戻っていることに気付いてもそれを全体では指摘せず、別々のことを議論している状態になり、議論が長引く一因となった。

じゃあ、自分はどうだったのかというと、最初の方はなかなか頭の中でいろんなことがぐるぐる回ってるだけで発言には至らなかった。
しかし、後半ではある程度積極的に発言することができたように思われる。
しかし、こういった場で発言することはあまり得意ではない。
学校の授業でもそうだったが、頭の中だけで論理を組み立て、筋道立てて話すことはなかなかに難しい。
頭の中で考えていることを言葉にしようとすると、何と言ったらいいかわからなくなる。
発言に至るまでにいろいろ頭の中で考えるんだけど、それを組み立て終わるまでには「意見が出ないようなので~」って流れになってるんだよね。
あとは、考え切ったところで「こんなことはわざわざ発言すべきことではない」と思い直すことも多いね。
難しい。
あと、こういう場で考えるときに大切なことは、如何に多面的にいろんな目線から物事を見つめることができるかだと思う。頑張る。

そして1日目の飲み会へ…
まあ、大したことはなかったと思う。(0次会に比べて)
俺は眠かったからちょっとお菓子食って酒飲んだら寝たし、起きた頃には飲み会の席も何か冷めてた気がする。

2日目
まさかの「寸劇」。
脚本を考え、小道具やポスター制作をしたあとに実際に寸劇をやる。
ただの寸劇ではない。童話を元にして、生協の利点を伝える寸劇。
初体験の出来事に終始どうしたら良いか分からずてんてこ舞い
ポスターの構成は自分が考えたけど、どうやら出来がよくなかったようだw
うーん、相変わらず美術的な分野は向いてない。
他の班のポスターを見たけど、クオリティが半端なかった。
絵がうまいとかそういうレベルの話じゃなくて、まず構成が上手かった。どうやったらそんなの考えつくのだ…!
本当にささいなことね。
背景と文字をかぶらせたり、いろんな装飾を施したり、見栄えが良くなるように色やフォントを工夫したりね。

寸劇自体の方はというと、やっぱり残念な出来だった(自分の演技がね)
笑って台詞がでなかったりね。
寸劇なんてやったのは何年振りだろう。ていうか寸劇をやった覚えがない…!(小学校のころにやったかもしれない)

その後、川にヤマメをとりに行って、焼いて食った。
塩辛かったり、肝が苦かったりしたけどまあ美味しかったね。
そして引退する先輩の卒業式。
先輩の話を聞くと、サークルに入った理由だとか思いはやっぱり人それぞれらしい。
入ってから何をするかのほうが大事だよね。
とにかく思ったことは、自分たち後輩が卒業する先輩を尊敬できているように、自分も尊敬される先輩になってやるということだ。
卒業する先輩方の世代は、いろんな面ですごい。敵いそうもない。
でも自分たちの世代でも何かしらのものを作りたいね。21人もいるんだから。

その後の飲み会では、先輩の話を色々と聞きたかった。
でも残念ながらそこまで聞くことは出来なかった…
まず第一に俺がシャワーを浴びに行ってる間に、先輩が減っていた(寝た?)
そして俺自身も、酒の酔いがあったこともあってダウンするのが早かった。
酔いつぶれたってほどでもなかったけど、それ以上飲んで気持ち悪くなるのはゴメンだし、何より眠かった。
もっと先輩と話せていたらなー、と思った。

3日目
まず寝坊した。
キャンプ場をたち、阿蘇ファームランドへ。
まず元気の森で思う存分体を動かしてから、温泉に入った。
そして温泉から上がったあとの牛乳がまた最高だったね!
純粋に楽しい1日でした。
そしてバスの中では熟睡。

さて、3日間で思ったことや成長したことを振り返ろうと思って日記をしたためたわけですが…
どうもうまくいかないね。
この3日間で俺は何を学んだんだろう…。
酒の恐ろしさと、みんなで何かを決めることの難しさと、先輩の偉大さ…かな。
もっと卒業する先輩と話しておけばよかったな、と後悔した。

推敲がめんどくさいので、ひたすら書きまくった乱文のままで保存します、読んでくれた人はお疲れ様でした。

PageTop

夏休みの日記 6日目

今日は一日中家でだらだらしてました…

・東方
・ポケモン
・ゆるゆり
・Twitter

しかしてないという腐った一日でした。
ちょっとだけ本読んだけど
本当にちょっとだけ。14ページとかww
あとギターの練習もしたけど、正直フラストレーションしかたまらないというね…

ちょっと夏休みやりたいことを再確認しよう。

・ゲーム→ 十分やってる
・麻雀→ やってないけどまあいいかなってかんじ。
・読書→ もっと時間を取るべき。夏休み中に6冊が目標。
・ツイ充→ PCつけててもあんまりTL見てないことが多い
・部屋の整理→ 半分やったけど半分やらないと。
・アニメ、漫画→ 孵化作業中にゆるゆりみてました。
・ギター→ もっと時間を取るべき
・その他仕事→ 早く終わらせろ^^

読書・ギター・サークルの仕事 のみっつをできるだけ早く終わらせて、
ゲームの時間をちょっと削る。
だらだらしすぎてもあれだ。
なんか同じ学部の友達見てると、なんか勉強してるっぽいし…
ひえー
遊びでも勉強でも負けたくないですうううううう
うっしゃやるぞ

PageTop

夏休みの日記 5日目

あー、
最近ダメだな。
昼前に起きる上に、夕方くらいでだるくなって寝ちゃう。
夏バテだなあ。
例年は夏バテなんてないんだが
福岡が暑いせいか?食事のせいか?

まあとにかく、明日からはちゃんと早起きしたいなあ。
携帯も復活したことだし。
1週間以上携帯使えないのは結構不便だった。
でもこれで携帯のアラームが使える!!

今日はバンドサークルの部会に行ってきた。
あるとおもってたBBQがなくてがっかり。
仕方なく昼も夜もごはん+ふりかけになりましたとさまる。

自炊したいけど、なんかいい感じのおかずが思いつかない。
ニンジンとジャガイモが余ってるけどどうしようかなあー

明日は丸一日暇だから、何かしよう。何か。

PageTop

夏休みの日記 -4日目

うー

今日は、コアセミナーの課題会議に行きました。
夏休みの課題として8000字レポートが出たのさー
まあ、夏休みどうせやることないし、このくらいの難題があったほうがいいかな?多分。

その後ラーメン食いに行ったんだけど、結構美味しかった。
替え玉しようと思ったけど財布のことを考えて取りやめた。

そして何しろ今日は暑かった。さすがに昼間外にいたせいでバテ気味で、夕方辺りは惰眠を貪っていた。

夏休みやるべきことをやってないなあ。
サークルで作る雑誌の記事書きとか。
読書とか。
夏休み中に本を5冊くらい読んでおきたい。
週1冊くらいのペースかな?
一日一時間でもいいから、読書の時間を作りたい。
今読みたい本→ 日本人の法意識

そしてポケモンもやりたい。
今、ゴースの孵化作業をしてる。
さすがにめざパも粘るとなると時間がかかるねー。
まあ、地道にやるさ。
地元でポケモンバトルするかもしれないから、できるだけ早く完成させなきゃ。
まあ、多分6匹はきついと思うけど…

明日はバンドサークルの部会だ。
毎回BBQやってるんだけど、今回は久し振りに参加できるよー
本気で誰かにギター上達のコツみたいなものを教えてもらいたい。
漫然と練習するだけじゃダメな気がする。

あー、いつになったら携帯復活するかなー
多分明日にはいけると思うんだが。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。